遊び場を知ろう!

遊び場を知ろう!冒険遊び場をもっと詳しく知ろう

全国の活動団体数の推移

冒険遊び場づくり活動団体数の推移

1979年に日本で最初の常設プレーパーク、羽根木プレーパークができてから冒険遊び場づくり活動は全国各地に広がりました。

その間、1999年に当協会の前身である[IPA日本支部冒険遊び場情報室]が設立され、2003年にNPO法人日本冒険遊び場づくり協会となって今日に至ります。これまで私達が調べてきた全国の活動団体数の推移を以下にまとめました。
※特に記載のない年度については、当協会データベースから年度末に集計した結果を掲載しております。

1998年11月 57団体(「第1回冒険遊び場全国研究集会」時点)
1999年度 69団体
2000年度 95団体
2001年6月 110団体(「第2回冒険遊び場全国研究集会」時点)
2004年度 192団体(「第3回全国冒険遊び場活動実態調査」時点)
2005年度 214団体
2006年度 225団体
2007年度 233団体
2008年2月 230団体(「第4回冒険遊び場全国研究集会」時点)
2009年度 245団体
2010年度 271団体
2011年度 309団体
2012年度 311団体
2013年度 約400団体(第6回全国冒険遊び場活動実態調査」時点)