お知らせ

お知らせ日本冒険遊び場づくり協会からのお知らせです

【全国一斉開催】2014冒険遊び場全国一斉開催

【全国一斉開催】2014冒険遊び場全国一斉開催

私たち特定非営利活動法人日本冒険遊び場づくり協会(東京都世田谷区・代表 関戸まゆみ)は、「遊び あふれる まちへ!」をミッションに掲げ、全国の冒険遊び場づくり活動の推進・支援を行っています。

この度、5回目となる「冒険遊び場全国一斉開催キャンペーン」を実施し、全国各地で地域住民が運営する子どもの遊び場が開催されます。昨年度は全国各地で冒険遊び場づくりを行っている195ヶ所(参加157、賛同38)の活動の参加・賛同表明を得て開催いたしました。

日本で最初の常設の冒険遊び場である羽根木プレーパークが開園してから39年。現在では約400団体(2014年現在)が冒険遊び場づくり活動を展開していますが、自治体と協働するなどして日常的な遊び場をつくることができているのはまだ一握りの団体です。

「子どもにとっての遊びの重要性を世に問い、冒険遊び場づくりの取り組みを広く知ってほしい。」こうした願いをこめて当協会は、冒険遊び場全国一斉開催キャンペーンを行っています。

ぜひ、お近くの遊び場に足をお運びいただき、冒険遊び場の楽しさを体験してください。

お待ちしております!

<冒険遊び場全国一斉開催 開催概要>

【日程】

 冒険遊び場全国一斉開催週間:2013年11月15日(土)~23日(日)

 冒険遊び場全国一斉開催の日:2014年11月23日(日)

【内容】

上記日程中に、全国各地の参加団体が一斉に冒険遊び場を開催

【参加・賛同団体】

参加138+賛同38=合計176団体(11/17現在)

※参加・賛同団体一覧はこちらをご覧ください。

  2014参加団体一覧

  2014賛同団体一覧

GoogleMAP「全国プレーパーク(冒険遊び場)マップ」はこちら (外部リンク)

※参加団体のマーカーは☆、賛同団体は○になっています

【同時開催「子どもの『遊ぶ』の写真展】

写真展のご案内 はこちら。

写真のリストは こちら をご覧ください。

<冒険遊び場とは>

冒険遊び場は1943年にヨーロッパで生まれました。大人が用意した遊びのプログラムや既成の遊具ではなく、子ども自身のやってみたいことをして遊ぶことができ、遊び場を変化させることができます。日本の冒険遊び場は主に地域住民の手で運営されており、日本各地の団体が子どもたちが豊かにのびのびと遊べるための活動を行い、子どもの生きる力を支えています。

<特定非営利活動法人日本冒険遊び場づくり協会>

日本冒険遊び場づくり協会は、子どもたちがかけがえのない子ども時代を、子どもらしく遊びながら生き生きと育っていくことのできる社会の実現のために、平成15年に設立しました。

当協会は「遊びあふれるまちへ!-地域で子どもたちが自由に遊び育つ豊かな社会の実現」をミッションに掲げ「1.遊び観・子ども観を世に問いかける、2.冒険遊び場づくりの魅力をアピールする、3.活動の展開ノウハウを開発する」を活動指針として、全国各地の冒険遊び場づくりを推進・支援しています。

<本企画全般に関するお問い合わせ先>

特定非営利活動法人 日本冒険遊び場づくり協会 

担当:関戸博樹(協会理事)

E-mail:isseikaisai☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)

一斉開催Facebookページ:https://www.facebook.com/isseikaisai